薬の副作用は他の病気を併発させる事も

薬,副作用

近年、高齢化社会に伴い医療現場は医師の不足やその他薬剤師など、医療従事者関係の全般的な不足に対して社会問題化しています。その問題が起きたために助かる命も助からなかったケースも事実としてあり、こういう悲しい事実を二度と起こさないためにも、厚労省を中心とした集団においての早期解決策が求められています。そうした中で高齢者が今後も含めて多くなっていくと、薬の飲み間違いなど、様々な問題も出てくると予測されているが、こうした問題が起きないような医療体制と徹底した患者様への説明を充分に行っていかなければなりません。それでも薬というものは副作用が発生しますが、その副作用は様々で頭痛や嘔吐、傾眠、眩暈、過食、そして蕁麻疹などその種類はきりが無いくらいそれぞれの薬の特徴的なものとして存在します。しかし人によってはそうした症状が出ない場合もありますが、基本的には出る事を想定して服用する必要性があります。なぜならば、副作用が出始めてから対応してもタイミング的に遅い場合があるので、必ずその特徴と症状などを情報として把握しておくべきです。また、その中には、急に指示以上の数量の服用を始めたり、または減らしたりすると危険な薬もあり、医師の指示に従って徐々に増減をしていくことが大切であると言えるでしょう。 349

人によって薬の副作用が出てしまう理由

薬,副作用

薬を服用する人間は体重や身長、年齢などがそれぞれに違いますし、同じ人であっても体重や年齢などが変化する場合があります。そのため、同じ薬を服用していたとしても、人によっては体重や年齢などの理由で効き目がなかなか出なかったり、効き目が強く出過ぎてしまう場合がありますし、同じ人が服用していたとしても体重などの変化によって効き目などが変わってしまう場合があります。例えば、糖尿病の薬も服用する人の体重や年齢などによっては効き目があまり出なかったり効き目が出過ぎてしまったり、場合によっては低血糖の症状などが副作用として出てしまう可能性があります。そして、薬の種類によっては服用してから血液を通って全身を巡ることで体に作用するものがありますが、人によっては全身を巡ってしまうことが理由で、本来作用を必要としている体の場所とは違った場所に作用してしまうなどの副作用が出てしまう場合もあります。そのため、今まで薬を服用した際に効き目が強く出過ぎてしまったり、目的とは違った場所に作用してしまうなどの経験がある場合には、医師などに事前に伝えておくことが必要ですし、副作用などが気になる場合も相談することが大切です。 350

更新履歴